日別: 2017年6月13日

ダメージにいい成分

髪が受けたダメージはケアを施すことによって徐々に改善をしていくことができるものです。しかし何もしていないと髪の内部から栄養がどんどん外部に流れていき、髪の乾燥や枝毛を引き起こしてしまうようになります。ダメージを受けた髪はシャンプーの使用に関しても神経質にならなければなりません。シャンプーを選択する場合にはどういった成分が含まれているものが好ましいのでしょうか。

まずダメージヘア用のシャンプーに多く使用されている成分としてはオイルがあります。植物性オイルは髪になじみやすく、適度に潤いを与えてくれますし、髪を保護し、傷んだ髪を外部の刺激から守ってくれます。植物性オイルとしてよく使用されているものとして椿油やオリーブオイルなどがあります。これらのオイルは植物由来のものなので髪や頭皮に塗布しても刺激を与えることがありませんし、毎日シャンプーを使用してもトラブルなく継続使用をしていくことができます。

さまざまな植物由来の保湿成分がダメージヘア用のシャンプーには使用されていますが、こういった成分を複数配合しているシャンプーを使用することで乾燥しやすい髪に適度に潤いを与えることができます。乾燥した髪はパサついてしまい、全体的に老けた印象を与えてしまいます。そのため植物由来の成分を含む商品を使用して改善を図っていくことが必要になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Categories: 未分類